外壁塗装を依頼できる業者はいくつも選択肢があります。

今回は大手メーカー(ハウスメーカー)に依頼する場合のお話をしていきます。

大手ハウスメーカーで、家を建てた場合、そのままその後のメンテナンス(外壁塗装)も同じ業者に依頼するというケースが多いです。

新築とリフォーム部門に分かれており、実際の工事は地元の工務店などに外注することになります。 前回のお話しした「下請施工」となります。

メリット

大手ハウスメーカーの魅力は、そのブランドの信頼性と豊富な実績、そして安心感にあります。大手メーカーの施工管理は非常に徹底的で、作業中と完工後の両段階で細かい点まで厳しくチェックされます。長期保証やアフターフォローの充実面からも安心が持てます。

全国的に知名度のある大手ハウスメーカーは、規模が大きい分、倒産の心配が少なく、依頼した後も安心です。

デメリット

大手メーカーの最大のデメリットは、他に比べると費用が高いという点です。

徹底した管理を行う為の人件費や過大な宣伝広告費がかかり、工事費用は高く設定されています。何より、下請けやさらに孫請けによる施工となり中間マージンが発生するため相場費用より高額になる傾向があります。

また現場によって下請け業者が変わるので、施工品質にバラツキがでることがあります。

以上の点を考慮して、ハウスメーカーを選ぶ際にはニーズや予算、工事の内容に合わせて検討すると良いと思います。