今回は外壁塗装を塗装専門店に依頼する場合のメリット・デメリットについてお話しします。

塗装専門の場合、自社で職人を抱えている場合が多いです。塗装専門店の仕組みにはいくつかのパターンがあります。一つは自社職人と協力会社を組み合わせている形態で、もう一つは親方が一人で経営している形態です。

一般的には自社の職人と協力会社を組み合わせて作業を進めることが一般的です。この仕組みにより、協力会社との緊密な連携ができ、塗装の原価を明確に把握できるため、協力会社を活用してもコストを削減できることがよくあります。その結果、お客様にとってリーズナブルな価格でサービスを提供することが可能です。

塗装専門店メリット

専門的な知識と豊富な経験があります。塗装工事に関する幅広い知識を持っているため、お客様の要望にダイレクトに対応でき、スムーズなサービスが提供されます。価格についても、自社施工または信頼できる協力会社を活用することで、通常の中間マージンが少なくなり、お得な料金でサービスを提供できる傾向があります。

地元密着の塗装業者は、その地域の気候や環境に詳しいため、最適な塗料選びや塗装方法を提案してくれます。これにより、長い耐久性や美観を確保しながら、地域に特有の条件に合わせた施工が可能です。地元のお客様に最適なサービスを提供することが地元密着塗装専門店の強みの一つとなっています。

塗装専門店デメリット

通常、現場作業に多くの時間を費やしているため、何か問題が発生した場合に即座に対応できないことがあります。また、塗装専門店はお客様との直接契約が少ないことが一般的で、そのため色の選定や工事中の近隣への配慮、報告、連絡、相談、品質保証、アフターフォローなどのスキルや経験が不足していることがあります。地元の塗装業者も様々で、信頼できる優良業者を見つけるのが難しい状況です。こうした点に留意して業者の選定を検討する必要があります。

塗装工事の営業には悪徳業者も存在しますので、「信頼できる塗装業者かどうか?」じっくり見極める必要があります。