外壁塗装における一般的な不具合である「塗りムラ」「塗り残し」「違う色で塗装」「塗装の剥がれ」は、原因や状況により対処方法が異なりますが、基本的にはやり直しが可能です。以下にそれぞれの不具合に対する一般的な対処法を示します:

塗りムラ

塗りムラが目立つ場合、追加の塗装が必要です。業者は問題がある箇所を再度均等に塗り直し、一貫性のある仕上がりを目指します。

塗り残し

塗り残しがある場合、業者は残された箇所を見つけて修正します。施工ミスが確認されれば、追加工事によって問題を解決できます。

違う色で塗装

違う色で塗装された場合、色が合わない場合は、業者に連絡し、契約通りの正しい色で再塗装を依頼することが一般的です。

塗装の剥がれ

塗装が剥がれた場合、その原因に応じて対処が必要です。下地処理の不備や不適切な塗料などが原因であれば、業者は問題箇所を修正し、再塗装を行います。

基本的に明らかな業者側のミスであればやり直しは可能です。これらの問題が保証期間内であれば、契約書や保証書に基づき、無償で修復されることが期待されます。施主は不具合を早めに業者に報告し、協力して修正作業を進めることが重要です。

※ここで気を付けておきたいこと

工事が完了し、足場がまだ解体されていない段階で、業者と一緒に塗装の仕上がりを確認しましょう。もし気になる箇所があれば、早めに業者に相談することで、足場が残っているうちに修正が可能です。施工中に不安を感じた場合も、足場があるうちに修正を依頼すると良いです。足場が解体された後は再度組む必要があり、追加費用がかかる可能性があるため、早期の対応が大切です。