南大阪店

外壁色の選び方:ポイントをおさえよう!

同系色のコーディネート

外壁の色を選ぶ際には、周囲の環境や建物の雰囲気に合わせて同系色を選ぶことがポイントです。同系色は、主に同じ色相やトーンを持つ色の組み合わせを指します。たとえば、暖色系の外壁には他の暖色系の色を組み合わせることで、調和のとれた外観を演出することができます。

色の濃淡や彩度を考える

外壁の色を選ぶ際には、色の濃淡や彩度も重要です。建物の大きさや周囲の環境によって、明るい色を選ぶことで建物を引き立たせたり、落ち着いた色を選ぶことで環境との調和を図ることができます。また、彩度が高い色は目立つ特徴を持ちますが、建物全体が派手になりすぎないように注意が必要です。

外壁材の柄の組み合わせ

外壁材の柄や質感も、外壁色との組み合わせを考える上で重要な要素です。柄のある外壁材を使用する場合、柄の特徴や模様と外壁色が調和するように選ぶことが大切です。また、外壁材の質感や素材によっても、色の見え方が異なるため、実際にサンプルを見て比較検討することが有益です。

外壁色を選ぶ際には、周囲の環境や建物の特性を考慮しながら、同系色のコーディネート、色の濃淡や彩度、外壁材の柄の組み合わせを検討することで、理想的な外観を実現することができます。