ペイントホームズ
南大阪店

信頼できる業者選び 「自社施工」「下請施工」

今回は業者選びの中で「自社施工」「下請施工」についてお話ししていきます。

外壁塗装工事を依頼出来る業者には「大手メーカー(リフォーム業者)」「塗装専門業者」などがあります。塗装専門業者というと「塗装」に特化した専門業者のような感じがします。また塗装専門店以外にもリフォーム全般の知識がある大手メーカーは知名度の高さと安心感があります。

塗装専門で行っている業者は、自社職人が直接工事を行う自社施工がほとんどです。

一方大手メーカーやリフォーム会社は下請けの業者に工事を依頼する「下請施工」をすることが多いです。

では依頼をするなら自社施工か下請け業者を使っている会社か、どちらを選べば良いのでしょうか。

それぞれのメリットとデメリットをみていきましょう。

そもそも自社施工とは・・・

自社施工とは、自社で仕事を引き受け、熟練職人を自社で雇い、塗装工事を完遂している業者になります。見積もりから施工完了まで、すべてを1社で一貫して行います。直接施工を行うので、余計な手数料が発生せず、費用も割高になりません。

自社施工(直接施工)でも、塗装作業は自社で、足場設置や防水工事は外注するといったケースがほとんどです。

一方、下請け施工とは・・・

営業を受ける業者と、外壁塗装の実際の作業を担当する業者が別の場合、仕事を引き受けた業者が外部の業者に作業を委託することを指します。具体的には、大手ハウスメーカーのような場合、自社で職人を雇っておらず、外部の下請け業者に施工を委託しています。

下請け業者に依頼する場合、下請け業者との間に中間マージンが発生し、その分お客様に金額が上乗せされているため、工事金額が高くなる傾向にあります。

今回は「自社施工」「下請施工」についてお話ししました。比較すると、大きな違いは金額で、あくまでも高くなる傾向、安くできる傾向としか言えず、それぞれの会社の方針で価格と施工内容が決まります。大切なのは適正価格で高品質な外壁塗装をしてくれる業者を選ぶことです。その中で自社施工や下請け施工であるかどうかはあくまで選考肢の一つとしてとらえるくらいが良いかと思います。迷われたときはいくつか業者を比較されて慎重に選ばれることをおすすめします。 では次回は実際に外壁塗装を依頼できる「業者別」にみていきましょう。