ペイントホームズ
南大阪店

契約前に確認しよう!屋根塗装における具体的な流れ

屋根塗装の施工は以下の一般的な流れに従います。ただし、具体的な作業や手順は業者や塗装の種類によって異なる場合があります。

現地調査と見積もり

屋根の現状を詳しく調査し、塗装の範囲や必要な作業を確認します。

相見積もりを取り、費用や内容を比較して業者を決定します。

安全対策と足場設置

安全対策を実施し、必要であれば足場を設置します。これにより作業員と周囲の安全が確保されます。

高圧洗浄

屋根表面を高圧洗浄して、古い塗膜や汚れを取り除きます。これにより塗料がしっかりと密着する状態を作り出します。

補修作業

屋根に傷んでいる箇所やひび割れがあれば、補修を行います。これにはクラックや穴の充填、木材の修理などが含まれます。

下地処理

下地処理を行い、塗料の密着性を向上させます。下地処理にはプライマーの塗布や特殊な下地処理が含まれます。

塗装

塗料を塗布します。通常、2回塗りが一般的です(状態によってはそれ以上塗ることがあります)

完了検査

塗装が完了したら、仕上がりを検査します。可能であれば、施主と一緒に最終的な検査を行い仕上がり具合を確認します。

足場解体と最終清掃

作業が終了したら足場を解体し、周囲を清掃します。建物周辺をきれいに整え、工事の完了を確認します。

屋根塗装の流れは業者や状況によって変わることがありますので、具体的な工程や使用される材料については契約前に詳細に確認することが重要です。