ペイントホームズ
南大阪店

雨漏りの原因 ベランダ・バルコニー

ベランダやバルコニーは、建物の外部空間であり、雨漏りの発生源となりやすい箇所の一つです。特に、建物の外壁や床面との接合部、排水溝などが雨漏りの主な原因となります。

1. ベランダ・バルコニーの床面と外壁の接合部

ベランダやバルコニーの床面と外壁の接合部は、雨水が侵入しやすい箇所です。特に、接合部のシーリング材が劣化したり剥がれたりすると、雨水が建物内部に浸入しやすくなります。また、雨風が強い地域や風向きが変わる場所では、雨水がこの部分に侵入しやすくなります。

予防方法

定期的に点検を行う。接合部に劣化や不備があれば業者に依頼し早期に修正する。

高品質で耐久性のあるシーリング材を使用し、適切に施工する。

2. 排水溝の詰まりや不具合

ベランダやバルコニーには、雨水を排水するための排水溝が設置されています。しかし、排水溝が詰まったり、不具合が生じたりすると、雨水が建物内部に浸入する可能性があります。特に、落ち葉やゴミが溜まったり、排水溝の設計や施工が不適切だったりすると、排水不良が起こりやすくなります。

予防方法

定期的な排水溝の清掃と点検を行い、詰まりや不具合を予防する。

適切な排水溝の設計や施工を行い、効果的な雨水の排水を確保する。

3. 床面の防水施工不備

ベランダやバルコニーの床面の防水施工が不十分だったり、劣化したりすると、雨水が床面に浸透し、建物内部に漏水する可能性があります。特に、雨風の影響を受けやすい地域や、床面の素材や施工方法に問題がある場合には、雨漏りが発生しやすくなります。

予防方法

実績のある業者に適切な防水施工を依頼し防水性を確保する。

床面の素材や施工方法を慎重に選択し、耐久性のある素材を使用してもらう。

定期的な点検とメンテナンスを行うことで、雨漏りを未然に防ぎ、建物の耐久性と安全性を確保することが重要です。